Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

青汁で身体の内側からケアして美肌になろう

青汁は様々な効果をもたらすことから健康食品としてとても人気があります。
健康維持はもちろん、女性に嬉しい美容効果も期待できます。
そこで今回は青汁と美肌の関係を解説します。

健康で美しい肌は化粧品やエステなどといった外側からのケアと食事や運動、睡眠、ホルモンバランスなどといった内側からのケアでつくられます。
青汁はその豊富な栄養素から摂取することで内側からのアプローチに役立ちます。

青汁の代表的な原料はケール、大麦若葉、あしたば、よもぎ・・といった緑色の葉野菜です。
これらの野菜には美肌の元となる美容成分がたっぷりと含まれています。

早速、青汁に含まれる美容成分となる栄養素をご紹介しましょう。
まずはビタミンCです。
ビタミンCが持つ還元作用によりメラニン色素を抑えシミの生成を抑制します。
また日焼けした肌を鎮静させ炎症を抑える効果もあります。
次にビタミンAは、健康な皮膚や粘膜の維持に作用します。
粘膜が丈夫になると免疫力もアップします。
ビタミンB群は肌に欠かせない栄養素です。
肌荒れのほとんどはビタミンB群の不足といわれるほど肌に与える影響が大きいです。
細胞の再生を助けたり血行をよくして皮膚に栄養を運ぶ役割があります。
ビタミンEはツヤやハリのある肌をつくる栄養素で、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
食物繊維は腸内環境を整えるのに必要な栄養素です。
肌は腸の影響を受けやすく、肌と腸は切っても切れない深い関係にあります。
腸内環境を整え、身体のデトックスをすることで、吹き出物や肌荒れを防ぎ免疫力のアップにも繋がります。

代表的な栄養素を挙げてみましたが他にもカルシウムや脂質、たんぱく質、各種抗酸化物質などがあります。
但し、青汁のメーカーや商品により原料などが多少異なります。
これらすべての栄養素が必ず青汁に含まれているわけではありませんが、美肌によい成分を簡単に効率よく摂り入れるのにはとても実用的です。

青汁は飲んですぐに効果が出るものではありませんので、毎日の習慣にして継続することも大切です。

トップに戻る