Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

青汁は加熱してホット青汁にしてもよい?

青汁は冷たい飲み物というイメージが強くありますが、冷たい飲み物が苦手な人や寒い時期には温かいホット青汁がいいな・・・という人も多いことでしょう。

青汁に含まれる栄養素に加熱に強いものと弱いものの両方が含まれています。
非加熱製法(生のまま冷凍にする、または熱を加えずにフリーズドライにしている)の青汁には熱に弱いビタミンCや酵素がそのまま残っています。
よって、非加熱処理によって製品化されている青汁はホット青汁には向いていません。
せっかく残してある栄養素が壊れてしまうためです。

それに対して、製品化の際に加熱処理によって作られている青汁にはその心配はいりませんのでホットで飲むのに適しているといえます。

では、加熱処理されている青汁は栄養価が最初から低いのかというと必ずしもそうともいえません。
熱に強いカロテンやビタミンEなどの栄養素は残っていますし、ビタミンCが添加されている製品も多くあります。
ホットで青汁を飲む場合には加熱処理されているものを選ぶとよいということと、熱を加えすぎないということがポイントです。

青汁に含まれている酵素やビタミンCは熱湯がとても苦手です。
60℃くらいの冷まし湯を使って作るようにすると栄養価を損なうことなく体に取り込むことができます。
鍋や電子レンジでの加熱は栄養素が壊れてしまいますので栄養価を重視する人は避けたほうが良いです。

温かい飲み物は腸の動きを整える効果、冷え性を防ぐ効果が期待できるというメリットもありますので、温かい青汁というのも試してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る