Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

手軽に美味しく身体スッキリ!「青汁バナナ牛乳」

青汁が飲みにくい方やお子さまに飲みやすいドリンクにするなら、青汁にバナナを混ぜた青汁バナナ牛乳がおすすめです。

青汁に牛乳を加えるとまろやかな味になっておいしいのですが、さらにバナナを加えることで、自然な甘みが加わるとともに、食物繊維やカリウムなど、体内の塩分調節や、腸内バランスを整える栄養素がさらに加わり、とても健康的なドリンクに仕上がります。
バナナはその他にも新陳代謝を促すマグネシウムも含まれているので、むくみが気になる方におすすめです。

牛乳とバナナは朝食にもぴったりですょ。

青汁は、粉末、冷凍などさまざまなタイプがありますが、今回のようにスムージー風にするなら、粉末タイプがおすすめです。

1番簡単な作り方と材料はこちら。

粉末タイプの青汁…1袋
バナナ…1本
牛乳…200ml

以上の材料をミキサーにかけて完成です。
全体的にどろっとした仕上がりになっていますが、もう少し喉越しをよくしたい場合は、牛乳100ml+水100mlの割合にすると、少しさらっとした仕上がりになります。

バナナは、まだ青さが残る段階や皮が黒くなった完熟期よりも、買ってから4、5日常温です置いて、皮にポツポツと黒い斑点が現れたぐらいがちょうどよく、バナナに含まれるデンプンが糖に変わったころなので食べごろです。

スムージーに使う牛乳は豆乳でも構いませんし、よりお腹をふくれるボリュームや腹持ちをよくするなら、水でふやかしたチアシードなどを混ぜてアレンジしてもよいですし、お通じをよくするためにヨーグルトを加えるのもおすすめです。

カロリーを気にされる方は低脂肪乳や無脂肪乳を使用するなど、ご自身の身体にあった材料に置き換えましょう。

注意点としては牛乳や豆乳にアレルギー反応を示される方は避けましょう。
また、バナナの食べ過ぎは糖質の摂り過ぎにも繋がるので、バナナは1度に1本が目安です。
残ったバナナは変色を防ぐため、冷蔵庫に保存しておくのが望ましいでしょう。

お子さんも飲みやすい、栄養たっぷりの青汁バナナ牛乳、ぜひ一度お試しください。

トップに戻る