Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

青汁とアレルギー体質について

青汁の原料は主に青い野菜です。
代表的なのはケール、大麦若葉、ゴーヤ、熊笹、明日葉などがありますが、他にもいくつかの成分や原料が含まれています。
アレルギー体質の人でもアレルゲンは異なりますが、アレルゲンが入っていないかしっかり確認しておきましょう。

青汁でアレルギーを起こすとは考えにくいと思われていますが、アレルゲンは人によって違いますから、絶対にアレルギーが起こらないとは限りません。

青汁でアレルギーになったという話はあまり聞きませんが、全く無いというわけでもありません。
原料にはアレルゲンがなくても、加工の段階でアレルゲンとなる物が使われる事はあります。
この場合材料や原料には記載されませんから、原材料や原料が全てオープンになっている物を選ぶと安心です。

基本的に青汁は健康食品の一種ですから、食品と同じように考えます。
安心でヘルシー、健康にも良いイメージが多いのですが、アレルギーに関しては記載されていない物もあるため、安心して飲んでから症状が出る事もあります。
こういう場合は使用を中止して、念のため病院で診てもらいましょう。

アレルギーが出てしまう場合は無理に青汁を飲もうとせず、食べても安心な野菜から栄養を摂る方がいいかもしれません。

青汁は食物繊維を豊富に含む事でも知られていますが、食物繊維は腸内環境の改善にも役立ちます。
腸内環境が悪化していると免疫力が低下するので、アレルギー症状が出たときに悪化しやすくなります。
青汁がアレルギー症状の改善に役立つと言われるのは、食物繊維が腸内環境を改善するのに役立つからです。

青汁は原料、取り入れ方、体質によっても効果は変わってきますが、青汁に対してアレルギーが出てしまう場合は無理に飲もうとせず他の方法を考えましょう。
アレルギーがあるが青汁は問題ないというなら、免疫力を高めるのに役立てるのはいい方法ですから大いに取り入れていきましょう。
アレルギーは重要な事なので注意しましょう。

トップに戻る