Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

中性脂肪を青汁が減らしてくれる?

コレステロールに関しては体質、生活習慣、食事、年齢などもありますが、ほとんどが生活習慣が原因です。
暴飲暴食や脂肪分の高い物ばかり食べていると、血液中のコレステロールが高くなり、中性脂肪が増えます。
これは生活習慣病の原因にもなるので、早いうちに改善が必要です。

青汁は野菜を原料にしていますし、何種類もの野菜や果物を使用しているものが多く、野菜を食べずに青汁で足りない物を補えます。
野菜不足の人にはもちろんですし、野菜嫌いな人も手軽に美味しく野菜の栄養を摂取できるのは便利です。

生活習慣病の予防には、全ての生活習慣を見直し改善する必要があります。
しかし長年かかって身に付いた悪い習慣はなかなか改善できません。
そんな中性脂肪を落としてくれるのが青汁なのです。
野菜をたくさん食べたとしても、1日に必要と言われる350gをクリアするのはかなり大変です。
その点青汁なら野菜の栄養が凝縮されているので、少量でも十分な量を補えます。

3食のうち1食だけ食べてもあまり意味がなく、毎食のバランスも重要です。
野菜の栄養を補う時は、青汁がおすすめです。
水や牛乳、豆乳に溶かして飲むだけだからとても簡単です。
もしも原料に苦手な野菜が入っていても、飲みやすく味も工夫しているから野菜そのものの味はほとんどわかりません。
今は抹茶のように飲みやすい青汁が増えているから、飲み比べてみるのもいいと思います。

コレステロールや中性脂肪が気になる人は、大麦若葉、ケール、桑の葉、ゴーヤを使った青汁が効果的です。
食物繊維や各種ビタミン、各種ミネラルが豊富なので、青汁を取り入れるだけでも中性脂肪やコレステロールをコントロールできます。

ただし青汁を飲んでいれば後は何もしなくて良いという事ではありません。
食事と生活習慣の見直し、運動を取り入れる事も大切です。
どれか一つに偏るのも良くありませんから、全体のバランスを考えて改善をしていきましょう。
全体的に食事のバランスも見直せます。

トップに戻る