Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

青汁ソムリエの資格を取るメリット

◎青汁にも資格がある!?その目的とは?

青汁にも資格があるとご存知でしたか?また「ソムリエ」というと、ワインで有名ですが、青汁にも「青汁ソムリエ(マイスター)」という資格が存在します。
現在ある資格は、「青汁マイスター」といって、一般社団法人青汁マイスター協会が運営している資格です。まだ歴史も浅く、公的な資格でもありませんが、青汁や健康についての知識を身につけ、世間に広め、青汁に興味を持った人を増やすという目的で設けられたようです。

今回はこの資格について、青汁ソムリエ(マイスター)の主な役割、どんな試験内容なのか、資格取得後どんな場面で生かせるのかなど詳しくご紹介いたします。


◎ソムリエとは?青汁ソムリエの概要とどんな人におすすめか?

ワインに「ソムリエ」という資格があるように、ソムリエとは、レストランにおいて専門知識をもち、お客さんの要望に沿ってワインを選定・提供する給仕人です。大まかなワインの種類は大体4種類ですが、ワインは年代や製造場所、保管方法などによって微妙に味が変わります。レストランではその日のメインディッシュに合う味を見つけたり、酸味や口当たりなどお客様の好みに合ったワインを見つけたりして提案します。このようにソムリエはイタリア料理やフランス料理の世界では重要な役割を果たしています。

青汁においてもワインと同じようにたくさんの種類があり、野菜の配合によって色や風味が異なります。青汁ソムリエ(マイスター)は、青汁に含まれている野菜の栄養素や知識などを正しく身につけ、それを普段の食事や栄養学などに生かすことができます。
青汁だけでなく野菜が好きな人や食育に興味・関心がある方、栄養学を学ぼうと思われている方の手初めの勉強としてもおすすめです。


◎青汁ソムリエ(マイスター)の試験にかかる費用や試験内容

青汁青汁ソムリエ(マイスター)の資格詳細についてですが、1回の試験にかかる費用は5000円で当日払い、東京と大阪の2か所の試験会場になっています。1時間半の講義を受けた後、15分間の休憩を挟んだのち40分間の試験を行います。内30分がペーパーテスト、残り10分でテイスティング(試飲)のテストとなっています。
講座やテストの内容は現代の食生活の問題点や青汁の歴史、青汁の種類や効能、レシピなどの内容が含まれています。テストの形式は選択式、穴埋め、記述式まであり、6割~7割程度の正答率で合格となっています。合格するとのちに合格通知や証明書とともに書類が送られてきます。


◎資格を持っていたらどこで生かせる?有利になることはあるのか?

青汁ソムリエ(マイスター)に関してはまだまだ歴史が浅く、公的な資格でもないので就職に直接有利になるとはいえません。ただ、青汁マイスターの試験内容を勉強する過程で栄養学や食育に関する知識を少なからず学ぶことになるので、これから栄養学系の資格を取ろうと考えている方や、もともと「食」一般的に興味をお持ちの方には知識を重複して学べるので「学ぶ」過程で有利に働くと考えられます。

そのほかにも料理が趣味の方が自ら青汁を作ったり、青汁の関連レシピを考案したりすることなどにも生かせそうです。興味のある方はぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

トップに戻る