Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

青汁で手作りスムージー

スムージーは手軽に野菜や果物の栄養を補えますし、腹持ちがいいからダイエットにもよく使われています。
基本的に野菜か果物で作りますが、栄養バランスが不安な時は青汁をプラスしてみましょう。

スムージーは使う材料により味、風味、香り、飲みごたえも変わってきます。
ミキサーがあれば簡単に作れるから、手作りスムージーを楽しむ人も増えています。
野菜の栄養をバランスよく摂りたい時は、スムージーに青汁をプラスしてみましょう。

基本的にスムージーは、凍らせた果物と水と氷だけで作ります。
これはあくまでも基本に忠実に作る場合ですが、元々は常夏のハワイで誕生した飲み物ですから冷たい飲み物です。
体を冷やしたくない人は氷は使わなくてもOKです。

果物は凍らせずにフレッシュなまま使う事もありますが、基本は砂糖や甘味料は一切使用せず、果物の甘味だけを楽しみます。
より栄養バランスを整えるために、野菜を入れるスムージーもありますが、青い野菜は体に良い事から青い野菜を使ったスムージーはグリーンスムージーと呼ばれています。

材料はお好みで決められますから、好きな果物や野菜で作ってみましょう。
栄養バランスを整えたいなら、青汁をプラスすれば簡単で手軽なのに、栄養満点のスムージーができます。
青汁は美容効果もバツグンなので女性にはうれしいスムージーです。

甘味を強くしたい場合は、バナナなど甘味の強い果物を入れると美味しくなります。
旬の果物は甘味や香りも豊かだから、旬に合わせて材料を変えるのもおすすめです。
材料はお好みで決められますが、でんぷん質の強い物はお腹にガスが溜まりやすいので避けたほうがいいでしょう。

スムージーはミキサーさえあれば、簡単に作れますし、果物や野菜をよく洗えば皮や種も丸ごと取り入れる事ができます。
種類によっては皮や種に豊富な栄養が含まれますから、理にかなっています。
ただし農薬を使っている場合は、皮は使わず果肉や中身だけを使います。
甘味ははちみつを使ってもOKです。
工夫しておいしく摂取するようにしましょう。

トップに戻る