Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

青汁は飲むタイミングで効果が違う

青汁を健康維持のために取り入れる人もいれば、美容やダイエット目的で取り入れる人もいます。
豊富にバランスよく野菜の栄養が補えるので、野菜不足の人や野菜が嫌いな子供にもおすすめです。
しかし青汁は飲むタイミングで効果は変わりますから、目的に合わせてタイミングも考えるのがベストです。

青汁を飲むタイミングは特に決まっていないので、好きな時間に飲んでも問題ありません。
健康維持のために野菜の栄養を効率よく補いたい人は、寝起き、つまり朝に飲むのがおすすめです。
寝ている間は何もしていないようで実は、カロリーを消費しています。
前日の夕食から食事も摂っていないから、空腹ですし、寝汗をかいているので体は水分と栄養を欲しています。

つまり寝て起きた朝は体が栄養を吸収しやすい時間となります。
朝に青汁を飲めば野菜の栄養もたっぷり補えますし、効率よく吸収されていきます。
空腹時に飲む場合は冷たすぎると胃に負担をかけますので、常温の水かぬるま湯で飲みましょう。

ダイエットに青汁を取り入れたい場合は、食前に飲むのがおすすめです。
青汁の原料となる野菜には豊富な食物繊維が含まれます。
最初に青汁を飲めばその分お腹が満たされますし、食べ物を食べても食物繊維が胃の中で膨らめば早くに満腹感が得られるので食べ過ぎを防げます。

食事をするときに野菜から食べ始めると、脂肪の吸収を抑える作用もあるから、ダイエットにもピッタリな取り入れ方です。
食事をよく噛む事で、満腹中枢が刺激され更に食べる量を減らせます。
食事の量を減らしても、青汁を飲んでいれば栄養バランスも整います。

食物繊維が豊富なので便秘解消や便秘予防にもおすすめですが、この場合は夜に飲むのがベストです。
ただし寝る直前に飲むと腸が動き出し眠りを妨げる事があります。
この場合は寝る直前ではなく、数時間前に飲んでおくといいでしょう。

タイミングにより効果も変わりますが、毎日続けることが大切です。
効果の点でおすすめの青汁ランキングもありますので、参考にしてみてください。

トップに戻る