Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

正しい使い方ナビ~青汁を有効活用するコツ~

栄養豊富な青汁には様々な働きが期待できますが、その働きを十分に実感するために出来るちょっとしたコツがあります。

そのコツとは「正しい飲み方」を心がけるということ。
正しい飲み方を心がけることによって、実感度が徐々に高まっていきます。
そして、青汁の魅力を100%引き出すことができるのです。

反対に、間違えた飲み方をしてしまうと、思うように実感が高まっていきません。
せっかく青汁を活用するなら、しっかりと満足度を高めていきたいですよね。

そこで、このページでは、実感度を高める「正しい飲み方」を徹底解説。
満足できる結果を求めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

続けることが何よりも大事

青汁を健康維持に活用するにせよ、美容に活用するにせよ、大切なのは続けること。
2日や3日飲んだだけでパワーを実感できるものではないので、まずは続けることを前提に考えていきましょう。

だいたい三か月程度の継続で実感や変化を感じたという方が多いようです。
これはあくまでも一つの目安ですが、まずは三か月程度を目安に飲み続けてみると良いかも知れません。

もちろん、実感までの期間には個人差がありますが、飲み続けることが、実感のための一番のポイントであることは間違いありません。

高品質な青汁を飲んでいるのに三か月を過ぎても実感度が高まらない...という場合も、焦らずに続けてみましょう。
長く続けるほどに、実感できる可能性は高くなっていきます。

続けるためのポイント①:製品選び

一口に青汁の摂取を続けていくと言っても、実際に飲み続けていくのは意外と難しいものです。
「頑張って続けていく」という意気込みだけあっても、なかなか続けていくことができません。

摂取を続けるには、ちょっとしたコツを意識するのがポイント。
具体的に意識したいのは、製品選び。
予め続けやすい製品を選んでおくことによって、簡単に続けられるようになります。

味・匂いなどを考慮しながら、飲みやすい製品を選ぶようにしましょう。
飲みやすい製品を選ぶときに参考になるのが、ランキングです。
ランキングを参考にすることによって、簡単に続けやすい製品を見つけることができます。

また、クチコミを参考にするのもお薦めです。
クチコミでは、サプリメントに関する生の声を聞くことができます。
生の声を参考にすることによって、続けやすい製品を簡単にチェックすることができますよ!

原材料を参考にする

原材料として使用されている野菜によって、青汁の味は大きく左右されるものです。

例えば、お薦めの原材料として挙げられるのは明日葉です。
明日葉が原材料となっている青汁は、かなりマイルドで飲みやすい仕上がりになっている物が多いのです。
明日葉を原材料にした飲みやすい製品の代表例が、ふるさと青汁です。

どうしても青汁の苦みが苦手なら…

青汁の「エグみ」や「苦み」が苦手という方も、摂取をあきらめる必要はありません。
ゼリータイプを選べば、比較的簡単に摂取を続けていくことができます。

ゼリータイプなら、粉末のドリンクタイプと違い、粉っぽさを感じることもありません。
また、味がしっかりと調整されているので、苦みやエグみも感じません。
手軽に飲み続けていけるのが魅力です。

ゼリータイプの青汁の代表的な製品は、黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。
黒糖とココナッツシュガーで味を調整しているので、オヤツ感覚で食べることができます。
特に女性にお薦めです。

トップに戻る