Green Juice Beauty navi
コエンザイムQ10の人気ランキング

冬に飲みたい温かい青汁

冷たい飲み物は体を冷やすので良くないと言われています。
確かに冬は温かい飲み物の方が美味しく感じますし、体も温まります。
青汁の飲み方を見ても水や牛乳で割って飲むと書いてあるものが多いです。
温めて飲むのにもんだいはないのでしょうか。

青汁を温かくして飲む時は、種類を選ぶのがポイントです。
青汁のパッケージや、メーカーのホームページにある商品紹介を見ると成分や特徴の詳細がわかります。
温かくして飲む場合は、必ず詳細を確認してください。
ポイントになるのは、加熱処理か非加熱処理かどうかです。

加熱処理をしている青汁は加工の段階で既に熱を通しているから、野菜に含まれる酵素は破壊されている可能性がありますが、栄養分はきちんと残っているから加熱処理は悪いというわけではありません。
どのように取り入れたいかによっても選択肢は変わってきます。

一方、非加熱処理の青汁は加工の段階で熱を使わないので、野菜の酵素がそのまま含まれています。
酵素は人が生きていくためにも欠かせない成分ですし、代謝を高めるのにも役立つ事からダイエットにも適しています。
酵素は熱に弱いため、非加熱処理の青汁を温めてしまうと酵素が壊れてしまいます。

温める事に関しては酵素がポイントになりますが、ビタミンの場合は熱に強いビタミンも多いから、温かくして飲んでもそれほど栄養面では影響ありません。
ただ温めて飲むのに適している青汁でも、時間が経過すると栄養が損なわれる事があります。
青汁は飲む直前にお湯に溶かし、作ったら早めに飲みきってしまいましょう。
冬はお湯でも美味しくなりますが、ホットミルクやホット豆乳もおすすめです。

青汁はそのまま飲むだけでなく、料理にも使えます。
ただし加熱する場合は、加熱処理をしてある方を使いましょう。
非加熱処理の青汁でも使えない事はありませんが、酵素が壊れてしまいます。
特にこだわらないのなら、好きな飲み方でも構いません。
自分に合わせて摂取していきましょう。

トップに戻る